薄毛を投薬治療で治療をしよう

薄毛は自毛植毛やメソセラピー療法で治療することもできますが、その他にも投薬療法があります。投薬療法の中にも大まかに分けて3つあります。一つ目の投薬療法はミノキシジルです。

ミノキシジルの主な効果は血行促進作用が挙げられます。この投薬は薄毛治療をしてくれる多くのところで使用されています。ミノキシジルの副作用には体毛が濃くなることや血液低下の症状がありますが、このような副作用が現れる確率は低くなっています。

二つ目の投薬療法はフィナステリドです。フィナステリドの主な効果は男性ホルモンを抑える作用になります。この薬は胎児の発達に悪影響を与えることもあるため、男性しか使用することができない薬になります。多くのクリニックではミノキシジルと併用して患者さんに渡すところが多くなっています。

三つ目はパントガールです。

パントガールは女性の薄毛を治療するために作られた新薬になります。

現在知名度が高くなっており、副作用に関してもそれほど多くないとされています。パントガールの主な成分にはアミノ酸やタンパク質といったもので成長を促す成分が豊富に配合されています。また、他の薬と併用することができるので、薄毛で悩まれている幅広い女性の方が飲むことができます。

薄毛をメソセラピー療法や育毛剤、自毛植毛で治療しよう

参照元(【福島県からの交通費負担】AGA・薄毛治療なら水戸中央美容形成クリニック)